ミレーナContraception-ring

ミレーナとは

ピルよりも高い避妊効果があり、薬剤の効果が子宮やその周辺だけに限られるため副作用も少なく、ピルの服用ができない方にも可能な避妊法です。リングと呼ばれる子宮内避妊器具であり、黄体ホルモンが付加されていて、持続的に適量のホルモンを放出するため、挿入すると最大5年間、高い避妊効果を得られます。ピルのように飲み忘れることもなく、血栓症のリスクもないため、安全な避妊法です。
やわらかいプラスチックでできており、T字型をしております。子宮形状などによっては適さないケースもありますので、事前の診察が必要です。なお、事情が変わって妊娠を希望される場合には、ミレーナを抜去することで妊娠が可能な状態に戻ります。
また、月経困難症や過多月経の治療でミレーナが保険適用されています。重い生理痛や経血量でお悩みの方にもお勧めできます。

ミレーナをお勧めしたい方

ミレーナの装着前の検査

ミレーナを装着する前に、妊娠していないかどうかの確認や、子宮・卵巣の検査、性感染症にかかっていないかどうかの確認をします。

ミレーナの装着時期・方法

ミレーナは月経開始後7日目までに挿入します。お勧めは、経血量が減少する4~7日目です。 挿入自体の目安は、5分程度です。子宮の形状などによってはもう少しかかることもあります。

挿入後の注意点

挿入してご帰宅後、当日の入浴は軽くシャワーを浴びる程度にしてください。また、感染予防のための抗生物質3日分を処方しますので、指示通りにしっかり服用してください。

ミレーナのメリット

費用対効果が高い

低用量ピルなどを5年間服用した場合と比べると、検診を含めたとしてもミレーナは費用負担が少なく、コストパフォーマンスに優れています。


ピルの服用ができない場合にも可能

ミレーナは子宮やその周辺にしか薬剤の効果が及ばないため、ピルは副作用で合わない、30代後半から40歳以上、血栓症リスクがある、BMI30以上、喫煙者、高血圧や脂質異常(高脂血症)、動脈硬化があるといった低用量ピルを服用できない方でも可能です。また、ピルの飲み忘れや飲んだかどうかはっきり覚えていないなどでピルによる避妊を諦めている方にも適しています。

ミレーナの副作用

血栓症などの深刻な副作用を起こすことはほとんどありませんが、挿入後の数日間に下腹部の痛みや生理以外の出血などを起こすことがあります。他にも、生理が8日以上続く過長月経、月経周期の変化、腰痛などを起こすこともあります。症状が続く場合や、痛みなどが強い場合にはできるだけ早く受診してください。

ミレーナ装着によるマイナートラブルで最も多いのは生理以外の不正出血です。子宮内にミレーナから放出される黄体ホルモンが濃い状態に慣れてくるまでは不正出血を起こすことが多くなっています。個人差が大きく、1か月程度で収まることもあり、3~4か月間ほぼ毎日不正出血があるケースや、半年程度少量の不正出血があるケースもあります。

他にも下腹部痛や乳房のはりが一時的に起こることがあります。
またまれにミレーナの脱出を起こすことがあります。こうしたトラブルをチェックするためにも、定期的に検診を受けて位置を確認することが重要です。

ミレーナ挿入後の検診

ミレーナを挿入後、1~2か月経過したら超音波検査でミレーナの位置確認をします。その後は3か月~半年に1度の頻度で数回確認して、その後は毎年1回の確認で十分です。毎年の検診は、子宮がん検診といっしょに確認することをお勧めしています。

ミレーナ装着時の痛み

経腟分娩の経験がある場合は痛みがありませんが、そうした経験がない場合には挿入しにくい、装着時に多少の痛みが伴う可能性があります。

ミレーナの避妊効果

100%ではありませんが、ミレーナを正しく装着した場合、1年間に妊娠する確率は0.2%と報告されています。また、挿入後、すぐに避妊効果を得ることができます。ただし性感染症の予防はピルと同様に不可能です。感染防止にはコンドームの正しい装着をお勧めしています。

ミレーナの装着後の性交渉

挿入して1週間は様子をみるためにも性行為を控えてください。また、状態によってはもう少し長い期間が必要になることもありますので、装着の際にご説明しています。なお、ミレーナが装着されていても、性交に影響することはありません。もしも性交時に違和感や痛みが生じる場合は、正しい位置に装着されていない可能性がありますので、早めに受診してください。
ミレーナの費用を教えてください。

ミレーナ装着 55,000円(税込)
抜去 25,000円(税込)
arrow TOP