月経移動Menstrual-movement

月経移動ピルとは

月経移動ピル(中用量ピル)とはピルの服用によって生理の日程を早めたり遅くしたりするのが、月経移動(生理移動)です。結婚式や新婚旅行、受験、オーディション、スポーツの大会、ダンスなどの発表会、修学旅行など、大事な予定に生理が重ならないように生理の時期をずらすことができます。
ピルの飲み方を変えることで女性ホルモンの状態が変化するため、目的のスケジュールに合わせて生理日を早めたり遅らせたりできます。

早めにご相談ください

生理を遅らせるためには月経移動ピルを服用し、生理を早めるためには低用量ピルか月経移動ピルを服用します。少し日数の余裕がある状態で服用することが重要になりますので、早めにご相談ください。
なお、普段もピルを飲んでいる場合は次回の生理予定日が把握できるため、月経移動がしやすくなります。

生理を遅らせたいケース

次回の生理日がある程度わかる場合に可能です。生理移動用のピルの服用を、次回生理予定日の5日前からはじめます。このピルを飲んでいる間は生理が来ませんが、服用を中止すると2~3日で生理になります。なお、移動できるのは、最長でも7日から10日程度です。
15日に大事な用事があって、その日に生理がはじまりそうな場合には、10日に生理移動用のピルの服用を開始して、15日まで毎日服用します。その間は生理が来ませんが、15日を最後にして服用を止めると、17日から18日に生理になります。なお、この生理日が今後の生理周期の基準になります。

生理を早めたいケース

ずらしたい生理の前の生理中にピルを飲み始めます。飲み始めるタイミングは、生理初日から5日目くらいまでで、この場合は低用量ピルを服用します。2週間以上、毎日低用量ピルを飲んでから服用を中止すると、その2~3日後に生理になります。
また中用量ピルを10日程度毎日服用する方法もあります。この場合も、服用を止めると2~3日後に生理になります。
低用量ピル・中用量ピルでも月はじめの生理が今後の基準になるため、大事な用事のある日から約2週間後に次回の生理がきます。

早める・遅らせる方法の選択

生理を早める月経移動は、早めたい予定の前の生理日からピルを飲む必要があります。遅らせる月経移動では予定と重なりそうな生理予定日の5日前からの服用で可能です。ただし、大事な予定のある時にもピルを服用し続ける必要がありますので、可能な場合には早める方の月経移動をお勧めしています。

月経移動で起こる可能性にある副作用

通常のピル服用と異なり、時期に合わない生理前の準備や排卵を人工的に起こしますので、むかつきや吐き気、倦怠感などの症状を起こすことがあります。ただし、基本的に身体への悪影響はなく、生理前に分泌されるホルモンが補充されることで生理前や生理中に起こりやすい症状が現れるといった程度になります。
当院ではわかりやすくご説明し、ご質問にも丁寧にお答えしていますので、検討したいとお考えの場合にはご相談ください。

料金

月経移動ピル 3,960円
arrow TOP